ポスターセッション および 企業展示

ポスターセッションおよび企業展示を同じ時間帯で行います。

ポスターセッション

ポスターセッションの発表タイトル、発表者および発表要旨の一覧は、以下のとおりです。

P-1 高校教科「情報」の来歴と未来

工学院大学附属中学校・高等学校  中野 由章

高校教科「情報」は、2003年度施行の学習指導要領で新設された。その後、2013年度施行と2022年度施行の学習指導要領で改定され、今年度から共通必履修科目「情報Ⅰ」が実施されている。また、その発展的選択科目「情報Ⅱ」が来年度から実施される。さらに、2025年の大学入学共通テストで「情報」が出題され、国立大学の入試で原則課されることとなる。新設されてから約20年を経て、大きな変化の見られる高校教科「情報」の来歴を整理するとともに、未来の展望、あるべき姿、解決すべき課題等について参加者と議論する。

P-2 共通テスト対策用の予想問題の作成

埼玉県高等学校情報研究会 研究委員会

共通テストに向け研究委員会にて予想問題を作成した。
各学校で受験対策を行う上で、必要となる4つの分野から作成を行った。これをもとに受験に対応できる確かな知識をしっかりと身につけさせたい。

P-3 情報科教科書に現れる用語の変遷
   ー情報ABCから情報Ⅰー

電気通信大学  赤澤 紀子

2003年から開始された普通教科情報科は、情報A、B、Cの選択必履修から始まり社会と情報と情報の科学の選択必履修を経て、2022年実施の新学習指導要領では情報Ⅰ(必履修2単位)と情報Ⅱ(選択2単位)となった。情報科で扱う内容は、進歩の速い情報化社会を生き抜くための知識技能、思考力判断力を養う必要があり、普遍的な内容とその時代に即した内容が盛り込まれていると考えられる。発表では、教科書の用語に着目して情報科で扱う用語の変遷についてまとめる。

P-4 高校生がWeb上のデータをスクレイピングするWebAPIの提案

四天王寺大学  本多 佑希

新課程の情報科で扱われるデータ分析とプログラミングを結びつけて学ぶためのツールを提案する。
データ分析を授業で扱う際には、Webで公開されているオープンデータを使うことが考えられるが、それらは必ずしもプログラムから扱いやすい形になっていないため、生徒が探したデータをプログラム上に取り込んで使うことは容易ではないという課題があった。
そこで本論文では、Web上の多様な形式で公開されているオープンデータから表を自動で抽出・整形するスクレイピングAPIを紹介する。

企業展示

出展企業が決定しましたら、以下に掲載いたします。

タイトルとURLをコピーしました