第1回大会  |  大会開催に際して

実行委員長あいさつ

 教科「情報」が実施され6年目を迎えた。学習指導要領の改訂にも伴い、1月には中央教育審議会より「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善について」(答申)がとりまとめられている。そのような中、情報教育の目標の3観点をより一層重視し、「情報」で指導されるべき内容の理解をより一層確かなものにするとともに、「わかる授業」を展開するため、指導法の工夫・改善、教材の開発などを積極的に行い、指導力の向上を図ることが求められている。

 今大会は、文部科学省のご担当者より新学習指導要領に関するお話を直接頂くとともに、全国の情報教育現場で働く関係者がここに一堂に会し、講演、研究発表、研究協議、互いの情報交換などを通して、情報教育の核としての役割をになう教科「情報」の在り方や、実践的な指導力の向上、課題解決の方策を探ろうとするものである。

 また、大会開催にあたり、全国各都道府県の高等学校情報教育に関する研究会や教育委員会等に広く呼びかけ、有志の実行委員会を組織し、現場の教員が中心となって企画運営を行っている。是非とも多くの情報教育関係者の方々にご参加ご参画頂き、活発な意見の交換・研究協議の場、ヒューマンネットワーク構築の場としていきたい。

実行委員長 武山洋二郎
(東京都高等学校情報教育研究会会長、関東都県高等学校情報教育研究会理事)